METライブビューイング/ヴェルディ《ドン・カルロ》

METライブビューイング ヴェルディ

Add: guwun69 - Date: 2020-12-18 13:59:53 - Views: 4988 - Clicks: 9774

『タウリスのイフィゲニア』 上映時間:2時間33分 指揮:パトリック・サマーズ 演出:スティーヴン・ワズワース 出演:プラシド・ドミンゴ、スーザン・グラハム ギリシャ悲劇の運命の姉弟にプラシド・ドミンゴとスーザン・グラハムが挑む。ワズワースの洞察力あふれる演出のもと、伝説的テノールのドミンゴとMETの看板メゾソプラノのグラハム2大スターが歌う話題の舞台は見逃せない。. ライブビューイング “Nightly Met Opera Streams” は、こちら から。 33週目. 20) metライブビューイング「イル・トロヴァトーレ」(. met ライブビューイングの ジョセッペ・ベルディ作曲【ドン・カルロ】を見ました。 (比較的シンプルな舞台装置 このパネルが基本でした) 筋書きは単純なのですが、テレビドラマのような相関図がないので、. metライブビューイング-17 ヴェルディ「ナブッコ」の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。ニューヨークのメトロポリタン.

映画解説metライブビューイング/ヴェルディ《ドン・カルロ》 世界最高峰のオペラの殿堂. METライブビューイング− ヴェルディ 「ドン・カルロ」(年1月8日公開)の映画情報、予告編を紹介。米国を代表するオペラハウス、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)。同所で行われる最新オペラ公. 世界最高峰のオペラを映画館で楽しむMETライブビューイング。シーズンを終え、8月4日から10月5日まで、これまでの名舞台をセレクトした「METライブビューイングアンコール」が行われている。ヴェルディやプッチーニ、ワーグナーの名作をはじめ、トーマス・アデス「皆殺しの天使. フランスの劇作家、ヴィクトル・ユゴーの戯曲を原作とし、若きヴェルディが手掛けた名誉、愛、復讐が絡み合う傑作オペラ。 MET主催オーディションで受賞した、ソプラノの新星ミードが、ジョルダーニ、ホヴォロストフスキー、フルラネットら世界を代表. METライブビューイング ヴェルディ『ドン・カルロ』:26:23 | 日記 ヴェルディの中のヴェルディ、と呼びたいヘヴィ級の歴史オペラ。. metライブビューイングを見てきました。 今シーズン4演目目は、ヴェルディの『ドン・カルロ』(新演出)。 イタリア語版の5幕版で、上映時間が4時間19分もあります。. 『フィガロの結婚』 上映時間:3時間36分 指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:リチャード・エア 出演:イルダール・アブドラザコフ、ペーター・マッテイ 観る人すべてを幸せにするといわれるモーツァルトの傑作をリチャード・エアが新演出で魅せる。『恋とはどんなものかしら』をはじめとする数々の名曲が、男女の機微を彩っている。イルダール・アブドラザコフ、ペーター・マッテイらオペラ界のスターたちがすれ違いつつも愛し合う4組のカップルを演じる。 『魔笛』 上映時間:3時間42分 指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:ジュリー・テイモア 出演:ルネ・パーペ、マルクス・ヴェルバ 「魔法の笛」に導かれ、さらわれた王女の救出に向かう王子の冒険物語がドイツ語フルバージョンで登場する。ミュージカル『ライオンキング』の演出家ジュリー・テイモアが演出を手掛け『夜の女王のアリア』や『パパパの二重唱』などの名曲をファンタジックな世界に魅せている。 『コジ・ファン・トゥッテ』 上映時間:3時間38分 指揮:デイヴィッド・ロバートソン 演出:フェリム・マクダーモット 出演:ケリー・オハラ、クリストファー・モルトマン 恋人の貞操を試す賭けをする青年たちの男女の機微をピュアに描いたモーツァルトの大作が、1950年代のリゾート地に置き換えたポップな新演出で登場する。『王様と私』でおなじみのブロードウェイのスター、ケリー・オハラが小間使い・デスピーナ役で出演していることが注目されている。.

METライブビューイングドニゼッティ(Donizetti)/ドン・パスクワーレ(Don Pasquale)上演日:年11月13日年12月5日(日)10:00-13:07(休憩15分含む) 新宿ピカデリー スクリーン6(C列9番)指揮:ジェイムズ・レヴァイン(James Levine)演出:オットー・シェンク(Otto Schenk)美術・衣裳デザイン:ロル. METライブビューイング(メトライブビューイング)とは、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場の舞台公演を世界中の映画館に生中継する『Metropolitan Opera Live in HD』を、日本で松竹株式会社が配信する際の名称である。. METライブビューイング-第4作「ドン・カルロ」 年1月. 俳優「アンナ・スミルノヴァ(Anna Smirnova,Anna Smirnova)」が携わった映画1作品を紹介。「METライブビューイング− ヴェルディ 「ドン・カルロ」(年1月8日(土)公開)」の出演(エボリ公女 役)。.

『ルサルカ』 上映時間:3時間40分 指揮:ヤニック・ネゼ=セガン 演出:オットー・シェンク 出演:ルネ・フレミング、ピョートル・ベチャワ 命をかけて人間に恋をした水の精の運命を幻想的な音楽でつづるオペラ版の人魚姫。ドヴォルザークの傑作をヤニック・ネゼ=セガンの情熱的な指揮がルネ・フレミングの当たり役ルサルカをサポートする。王子に恋こがれて歌うアリア『月に寄せる歌』の美しさは必聴だ。. 連休中、またまたmetのライブビューイングに行ってきました。演目はヴェルディの「ドン・カルロ」 。. 25) メトロポリタン・オペラ「ドン・カルロ」(. ハイトナーの新演出で贈る壮大な悲劇。「metライブビューイング/ヴェルディ 《ドン・カルロ》」の上映スケジュール・上映館・あらすじ・感想レビュー・みどころ・スタッフ・キャスト・予告篇を紹介します。. metライブビューイング ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のオペラを映画館で上映!絢爛豪華なオペラを身近にお楽しみ.

イマジン七夕コンサート ヴェルディの後年の大傑作オペラ「ドン・カルロ」ライブビューイング映画が上映されている東銀座の東劇のロビーにはオペラフアンのドナルド・キーンさんの写真がありましたニューヨークのオペラハウスの前や正面入り口、座席に座っているキーンさん私にもとても懐かしいところです. metライブビューイング「ドン・カルロ」 お気に入りの1人のサイモン・キーンリーサイドが出演していたというのに、書いていなかったとは不覚...というわけで日付を遡って思い出しながら書きます。. 22) メトロポリタン・オペラシーズン発表(.

See full list on spice. METライブビューイングヴェルディ(Verdi)/《ドン・カルロ(Don Carlo)》伊語5幕版、新演出上演日:年12月11日上映時間:4時間19分年1月9日(日)10:00-14:25頃(休憩2回、15分&9分含む) 新宿ピカデリー スクリーン6(A列18番)指揮(Conductor):ヤニック・ネゼ=セガン(Yannick Nézet-Séguin). 『ラ・ボエーム』 上映時間:2時間54分 指揮:ステファーノ・ランザーニ 演出:フランコ・ゼフィレッリ 出演:クリスティーヌ・オポライス、ヴィットーリオ・グリゴーロ 19世紀のパリの学生街 カルチェ・ラタンを舞台にボヘミアンな芸術家たちの青春を描いた作品。ブロードウェイミュージカル『RENT』のベースとなったオペラとして知られている。19世紀パリの情景と賑わいを鮮やかに再現したゼフィレッリの舞台は、METで半世紀愛される定番となっており『冷たい手を』『私の名はミミ』など心を揺さぶる数々の名曲が楽しめる。 『西部の娘』 上映時間:3時間30分 指揮:マルコ・アルミリアート 演出:ジャンカルロ・デル・モナコ 出演:エヴァ=マリア・ヴェストブルック、ヨナス・カウフマン ゴールドラッシュに沸く19世紀のカリフォルニアの酒場を舞台に看板娘のミニーとギャングのボス・ラメレスの恋を描いたオペラ版の西部劇。プッチーニの甘美でスリリングな音楽が描くラブストーリーを、キング・オブ・テノールといわれるヨナス・カウフマンをはじめとする実力者たちが盛り上げる。.

『カルメン』(-10) 上映時間:3時間24分 指揮:ヤニック・ネゼ=セガン 演出:リチャード・エア 出演:エリーナ・ガランチャ、ロベルト・アラーニャ 『ハバネラ』『セギディーリャ』『闘牛士の歌』など、オペラを観たことがない人でも一度は聞いたことがある有名アリア満載の作品だ。カルメンの魅力に翻弄され転落していく男、ドン・ホセを描いた傑作が、ヤニック・ネゼ=セガンの新演出で登場する。カルメンを演じる情熱的なディーバ、エリーナ・ガランチャの魅力も満載だ。 『カルメン』(-19) 上映時間:3時間30分 指揮:ルイ・ラングレ 演出:リチャード・エア 出演:クレモンティーヌ・マルゲーヌ、ロベルト・アラーニャ METで人気の指揮者、リチャード・エアのダイナミックなプロダクションに、魅惑的なカルメンを演じるクレモンティーヌ・マルゲーヌ、天下一品のドン・ホセといわれているロベルト・アラーニャらが集結した。模倣なカルメンの虜になったがために堕ちていく兵士の姿を『ハバネラ』『闘牛士の歌』『花の歌』などの名曲にのせて見届けよう。. 『ラインの黄金』 上映時間:3時間3分 指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:ロベール・ルパージュ 出演:ブリン・ターフェル、ステファニー・ブライズ MET史上最大の挑戦といわれた本作品は足かけ30年をかけて完成させた、ワーグナーの大作ニーベルングの指環の「序夜」。ニーベルング族アルベリヒがラインの娘たちから「ラインの黄金」を奪ったことから物語は始まる。ロベール・ルパージュの新演出でニーベルングの指環が鮮やかにスタートする。 『ワルキューレ』(-11) 上映時間:5時間14分 指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:ロベール・ルパージュ 出演:デボラ・ヴォイト、ヨナス・カウフマン ロベール・ルパージュ新演出のニーベルングの指環第2弾。夫婦や親子の情愛、憎悪、絶望、希望を描く4部作中最も人気のある作品だ。人間の感情すべてを声とオーケストラによってフルに表現されている。 『ワルキューレ』(-19) 上映時間:4時間51分 指揮:フィリップ・ジョルダン 演出:ロベール・ルパージュ 出演:クリスティーン・ガーキー、エヴァ=マリア・ヴェストブルック ロベール・ルパージュが注目の指揮者フィリップ・ジョルダンのもと、演出を手掛けた作品。映画『スター・ウォーズ』にも影響を与えたといわれる『ニーベルングの指環』4部作中の最高人気作を、クリスティーン・ガーキー、スチュワート・スケルトン、グリア・グリムスリーら旬の歌手が彩る。 『ジークフリート』 上映時間:5時間11分 指揮:ファビオ・ルイージ 演出:ロベール・ルパージュ 出演:ジェイ・ハンター・モリス、デボラ・ヴォイト ニーベリングの指環第3弾となる、英雄ジークフリードの冒険と恋を描く作品。メルヘン風の道具立てが目を引く前半と、壮大に「愛」を歌い上げる後半など聴き所満載だ。ニーベリングの指環で唯一のハッピーエンド作品となり、ロベール・ルパージュの新演出でオペラで初めて導入された3D映像技術も見逃せない。 『神々の黄昏』 上映時間:5時間28分 指揮:ファビオ・ルイージ 演出:ロベール・ルパージュ 出演:デボラ・ヴォイト、ジェイ・ハンター・モリス ニーベリングの指環の結末を飾る作品で、神々の世界から人間界へと舞台が移る。初の合唱や、『ジークフリートの葬送行進曲』など、オペラティックな聴きどころも満載だ。長大な神話を締めく. ヴェルディの最高傑作を、ミュージカル「ミス・サイゴン」や映画・演劇で幅広く活躍する演出家ニコラス・ハイトナーが心理描写豊かに描く。 あらすじ. 141206 ドン・カルロ@新国立劇場(. 14) metライブビューイング「エルナーニ」(. 『セヴィリャの理髪師』 上映時間:3時間21分 指揮:マウリツィオ・ベニーニ 演出:バートレット・シャー 出演:ジョイス・ディドナート、フアン・ディエゴ・フローレス 1816年に初演されたロッシーニの代表作で喜劇オペラの最高傑作のひとつといわれている作品。トニー賞受賞演出家のバートレット・シャーの演出で、当代の最も偉大なロッシーニ・テナーであるファン・ディエゴ・フローレスがアルマヴィーヴァ伯爵を演じている。観客と一体となった興奮うずまく舞台が堪能でき、オペラの楽しさが満喫できる作品だ。 『湖上の美人』 上映時間:3時間21分 指揮:ミケーレ・マリオッティ 演出:ポール・カラン 出演:ジョイス・ディドナート、フアン・ディエゴ・フローレス 16世紀のスコットランドを舞台に、湖の美女をめぐって火花を散らす男たちの運命を描くロッシーニの傑作がMETに初演として登場する。ロッシーニの申し子といわれているミケーレ・マリオッティの指揮のもと、スターたちが繰り広げるアリアの数々はまさに声の饗宴といえるだろう。. METライブビューイング- ヴェルディ《ドン・カルロ》 めとらいぶびゅーいんぐにせんじゅうにせんじゅういちべるでぃどんかるろ Don Carlo, Giuseppe Verdi 上映日 年1月8日 製作国 アメリカ 上映時間 287分 ジャンル アート -. metライブビューイング/ヴェルディ 《ドン・カルロ》を見たユーザーからの映画の感想・レビュー・評判などクチコミ情報を掲載しています。映画鑑賞の前にぜひチェック!.

『ランメルモールのルチア』 上映時間:3時間26分 指揮:パトリック・サマーズ 演出:メアリー・ジマーマン 出演:ナタリー・デセイ、ジョセフ・カレーヤ 永遠の愛を誓ったルチアとエドガルドが引き裂かれたことにより起きた悲劇を描いた作品。ルチアを演じるナタリー・デセイが歌う『狂乱の場』は必見だといわれている。演出を手掛けたメアリー・ジマーマンの繊細で切実な舞台が待望の再演となる。 『ロベルト・デヴェリュー』 上映時間:3時間4分 指揮:マウリツィオ・ベニーニ 演出:デイヴィッド・マクヴィカー 出演:ソンドラ・ラドヴァノフスキー、エリーナ・ガランチャ 英国史上、最も有名な女王・エリザベスの悲恋を音楽化した傑作がMETに初登場。チューダー朝女王3部作といわれている『アンナ・ボレーナ』『マリア・ストゥアルダ』に続く本作品では、若い恋人の心変わりに嫉妬する老女王エリザベスの復讐劇が描かれる。3部作すべての演出を手掛けているデイヴィッド・マクヴィカーにも注目したい。 『連隊の娘』 上映時間:3時間2分 指揮:エンリケ・マッツォーラ 演出:ロラン・ペリー 出演:プレティ・イェンデ、ハヴィエル・カマレナ 連隊に拾われた孤児マリーと農村の青年トニオの心温まるラブコメディが、ロラン・ペリーのおしゃれな演出で生き生きと描かれている。ハヴィエル・カマレナが9つの高音ハイCを披露する『ああ友よ、なんと嬉しい日!』は最大の聴きどころだ。笑えて泣ける極上の喜歌劇が味わえる。. METライブビューイング/ヴェルディ《ドン・カルロ》()の映画情報。評価レビュー 1件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ロベルト・アラーニャ METライブビューイング/ヴェルディ《ドン・カルロ》 他。 世界最高峰のオペラの殿堂、メトロポリタン歌劇場のオペラ公演をスクリーンで楽しめる新感覚エンターテインメントの第4弾. 『シモン・ボッカネグラ』 上映時間:3時間28分 指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:ジャンカルロ・デル・モナコ 出演:プラシド・ドミンゴ、エイドリアン・ピエチョンカ 伝説的テノール歌手プラシド・ドミンゴが、オペラきってのバリトン役のタイトル・ロールに初挑戦した作品。主人公シモンの数奇な運命を共演の名歌手とともに重層的なドラマをスリリングに歌い上げる。 『ドン・カルロ』 上映時間:4時間19分 指揮:ヤニック・ネゼ=セガン 演出:ニコラス・ハイトナー 出演:ロベルト・アラーニャ、マリーナ・ポプラフスカヤ ミュージカル『ミス・サイゴン』を手掛けたニコラス・ハイトナーの新演出で、ロベルト・アラーニャ、フェルッチオ・フルラネットら豪華キャストがスペインを舞台に繰り広げる壮大な悲劇。主人公カルロをめぐる登場人物の葛藤が強靭な声とシンフォニックな管弦楽で描かれる。 『オテロ』 上映時間:3時間12分 指揮:ヤニック・ネゼ=セガン 演出:バートレット・シャー 出演:アレクサンドルス・アントネンコ、ソニア・ヨンチェヴァ シェイクスピア作品を音楽化したヴェルディ晩年の傑作。ヤニック・ネゼ=セガンの熱い指揮とバートレット・シャーの鮮烈な新演出が、劣等感と嫉妬心を隠し持つ武将オテロの心をえぐる。 『ナブッコ』 上映時間:3時間3分 指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:エライジャ・モシンスキー 出演:プラシド・ドミンゴ、リュドミラ・モナスティルスカ 旧約聖書に基づいた暴君ナブッコの物語を描いたヴェルディの出世作が、ライブビューイングに初登場。イタリアの第二の国歌と讃えられる合唱『行け我が想いよ、黄金の翼に乗って』をはじめ心打つ名曲の数々を新旧一流キャストで堪能できる。 『アイーダ』 上映時間:3時間45分 指揮:ニコラ・ルイゾッティ 演出:ソニヤ・フリゼル 出演:アンナ・ネトレプコ、アニータ・ラチヴェリシュヴィリ 奴隷となりエジプトで囚われの身となったエチオピア王女と敵方の将軍ラダメスとの禁断の恋、ラダメスを愛するアムネリスとの三角関係を描いた作品。サッカーの応援曲として知られる『凱旋行進曲』が繰り広げる壮大なシーンも多く「オペラのなかのオペラ」といわれている。 『椿姫』 上映時間:3時間25分 指揮:ヤニック・ネゼ=セガン 演出:マイケル・メイヤー 出演:ディアナ・ダムラウ、フア. ヨンフン・リー metライブ・ビューイング「イル・トロヴァトーレ」に登場. 『エフゲニー・オネーギン』 上映時間:3時間13分 指揮:ワレリー・ゲルギエフ 演出:ロバート・カーセン 出演:ルネ・フレミング・ディミトリ・ホヴォロストフスキー ロシアの文豪プーシキンの作品を原作にしたロシア・オペラの代表作。指揮はロシア・オペラを最も得意とするワレリー・ゲルギエフが手掛け、主演のタチアーナ役をルネ・フレミングがMETで初めて演じるのが見どころだ。舞踏会のシーンなど華麗な場面もあるがしっとりとした人間ドラマが心に響く作品だ。. 来日オペラ公演、クラッシックコンサート、ライブビューイングの感想記など。80 メトロポリタンオペラ、スカラ座、バイエルン国立歌劇場、ベルリン国立歌劇場、ロイヤルオペラ、ボローニャ歌劇場、ワシントンオペラ、マリンスキー劇場、バスチーユオペラ、ヴェローナ、マチェラータ来日. metライブビューイング-11 ヴェルディ「ドン・カルロ」の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。米ニューヨーク・メトロ. Monday, October 26 Verdi’s Don Carlo 『ドン・カルロ』 Tuesday, October 27 Handel’s Agrippina 『アグリッピナ』 Wednesday, October 28 Verdi’s Simon Boccanegra 『シモン・ボッカネグラ』 Thursday, October 29.

王子のカルロ(ロベルト・アラーニャ)は、父であるスペイン国王フィリッポ2世(フェルッチオ・フルラネット)の妃エリザベッタ(マリーナ. More METライブビューイング/ヴェルディ《ドン・カルロ》 videos. 年1月9日(日) 今日は、今年最初の上映となっている、MET ライブビューイングのジョセッペ・ベルディ作曲【ドン・カルロ】を見ました。 (比較的シンプルな舞台装置 このパネルが基本でした) 筋書きは単純なのですが、テレビドラマのような相関図がないので、主役以外の人間関係が. メトロポリタン・オペラ史上、最大の挑戦!新たなる伝説の舞台をスクリーンで体感する。 11月6日(土)新宿ピカデリー・東劇他全国にて12作.

METライブビューイング/ヴェルディ《ドン・カルロ》

email: enoryj@gmail.com - phone:(448) 969-1402 x 4280

つくば博 公式記録映画 - 背徳手記

-> Sexy Angel 波多野結衣 Part3
-> マネートレイン

METライブビューイング/ヴェルディ《ドン・カルロ》 - 激走バトルキング


Sitemap 1

ピータールー マンチェスターの悲劇 - イノセント